よくある質問

  • 相続手続き
  • 遺言書作成サポート
  • 成年後見申立て
  • 不動産の売買・贈与

相続手続き

不動産所在地が地方なのですが、東京で手続きはできますか?
はい、可能です。相続登記の申請は、その不動産所在地を管轄する法務局へ申請することになりますが、相続する不動産が地方にある場合でも、郵送やインターネットを利用して登記申請ができますので、安心してご利用ください。
相続登記ってしなければならないの?
相続登記は義務でもなければ、いつまでにしなければならないという期限はありません。
ただ、実際の所有者と登記簿上の所有者が異なっている状態は好ましくありません。
最も問題となるのが、相続人の方がさらに亡くなった時。相続人の数が増えるため利害関係が複雑になり、話がまとまらない可能性が高まります。将来に不安の残さないためにも、お早めに名義変更の手続きをするべきです。
相続登記の手続きが完了まで、どのくらいかかりますか?
相続登記は戸籍謄本の取得に時間がかかります。また、兄弟が相続人になる場合も、その相続関係を証明する戸籍謄本の通数が多くなります。戸籍が全て揃うまで、2週間から6週間ほど、また法務局へ登記申請をしてから審査完了まで10日ほどかかりますので、最低1ヶ月程度かかる場合が多いです。

遺言書作成サポート

自筆証書遺言と公正証書遺言どちらがよいのですか?
一概に言えませんが、当事務所では、公正証書遺言を中心にサポートしております。公正証書遺言は、形式不備により無効になることがなく、原本は公証役場で半永久的に保管されているので、偽造や紛失の心配が無く安心です。
作成後にあとで変更は可能ですか?
はい、可能です。後で気持ちが変わって、内容を変更したり、取り消したいと思うこともあると思います。一度遺言したからといって、最後までそのようにしなければならないわけではなく、気持ちや事情が変われば、遺言はいつでも変更、取り消しをすることができます。
作成した遺言はどのように保管すればいいの?
公正証書遺言書の原本は公証人役場に保管されますので、この場合には保管について心配する必要はありません。しかし、自筆証書遺言の場合は遺言者自身で保管しなければいけません。方法としては、遺族がすぐにわかる場所にしまっておく、遺言執行者や信頼できる人に預けておくなどです。

成年後見申立て

成年後見制度ってなんですか?
成年後見制度とは、簡単に申し上げると、認知症、知的障害、精神障害などで判断能力が低下している人のために援助してくれる人を家庭裁判所に選んでもらう制度です。これにより自分一人では困難な不動産や預貯金等の財産の管理や各種契約が安全に行えるようになります。
成年後見制度にはどのようなものがあるのですか?
成年後見制度は大きく分けて法定後見と任意後見に分けられます。法定後見では本人の判断能力の程度やその他の事情によって後見・保佐・補助の3つに分けられます。
任意後見制度ってなんですか?
家庭裁判所から選ばれた成年後見人は本人の財産を管理したり、契約などの法律行為を本人に代わって行います。ただし、スーパーなどでの日用品の買い物や実際の介護は一般に成年後見人の職務ではありません。なお、成年後見人はその仕事を家庭裁判所に報告して家庭裁判所の監督を受けます。
成年後見人はどのようなことをするのですか?
任意後見制度は本人がまだ判断能力があるうちに、将来、判断能力が不十分になった時のことを考えてあらかじめ代理人(任意後見人)を選んでおいて、自分の療養看護や財産管理について代理権を与える契約を結びます。そして、本人の判断能力が低下した際に任意後見人は家庭裁判所が選んだ任意後見監督人のチェックのもと、本人に代わって財産を管理したり契約を締結したりして本人を支援します。
申立ては自分でできますか?
成年後見制度の申立ては、弁護士や司法書士等の専門家に頼まなくてもできないことはありません。ただし、どの手続きを選択するべきかなど判断の難しい面もありますので、一度は専門家に相談してみるのがよいと思います。

不動産の売買・贈与

事務所に行かないと、依頼できないの?
お客様のご本人様確認のため、基本的には事務所にご来所いただいてのお手続きとなります。ご来所いただけない場合には、本人限定受取郵便及びお電話にての確認をさせていただきますので、ご相談ください。
住所が変わったら、住所の変更登記が必要?
住所が変わるたびに登記が必要なわけではありません。ただし、売買やローンの設定などで所有権を移転したり抵当権を設定する場合に、登記簿上の住所と現在の住所で変更がある場合には、前提として住所の変更登記が必要です。
住宅ローンを完済したけど、抵当権の抹消登記って必要?
法律上、必ず抹消しなければいけない決まりはありません。 しかし、登記簿に記載されている抵当権は自動的に消滅しないので、当事者が申請をしないといつまでも残ってしまいます。その不動産を売却したり新たにローンを組む場合には、前提として抹消が必要になる場合がほとんどです。
不動産の売却や、融資を受ける予定がなければ、抵当権の抹消はいつでもいい?
抵当権の抹消登記は急ぐ必要はありませんが、銀行からもらう書類の中には期限つきのものもあります。期限が切れたり、一部紛失などした場合はかえって費用がかかります。
抵当権の抹消や住所変更の登記には、権利証や印鑑証明は必要ですか?
必要ありません。銀行から受領された書類をご用意いただき、当事務所で作成した委任状にご署名いただければ手続きは終了します。手続き終了後は、抵当権が消えた状態の登記簿謄本(不動産全部事項証明書)を取得してお客様にお渡し致します。

業務の流れについて

まずはお電話(03-6886-4602)もしくはお問合せフォームよりお気軽にご相談ください。

当事務所にて初回の面談をいたします。初回の面談は無料です。
もし契約に至らなかった場合でも、費用等は一切かかりませんので、ご安心ください。

初回面談時の内容をもとにお見積額をご提示いたします。お見積は無料です。

初回面談時に当社が提示した内容にてご納得いただけましたら、ご契約の締結、業務の開始という流れとなります。その後、担当の司法書士より、ご用意いただく書類のご案内をいたします。資料が揃ってからおおよそ1か月程度で業務が完了いたします。(※お急ぎの場合はご相談ください。)

ページTOPへ

初回面談は無料 メールのお問合せはこちら

 

pagetop