取扱業務

  • 相続手続き
  • 遺言書作成サポート
  • 成年後見申立て
  • 不動産の売買・贈与
  • 会社設立
  • 企業法務・各種書類作成

相続手続き

相続が発生した場合、不動産の所有権移転登記や、預貯金、有価証券などの名義変更をしなければなりません。ただし、それらの手続きを自分ですべて行うとなると、役所を回って戸籍を集めたり、登記申請のために法務局に何度も足を運んだりと、何かと時間と労力がかかります。亡くなった方の戸籍は、出生時から亡くなるまでの連続したものが必要ですし、本籍地が変わっていれば、郵便局で小為替を買って郵送で役所に請求しなければならない場合もあります。

そこで、複雑で面倒な相続の手続きは相続のプロフェッショナル、さくら本郷司法書士事務所にすべてお任せください。戸籍の収集なども当事務所で代行するので、お客様は必要な書類に記名・押印していただくのみです。もちろん、一つ一つお客様の確認を取りながら手続きを進めていき、すべての書類を責任を持って管理します。安心して当事務所にお任せください。

 

また、相続税についてご心配のお客様でも、当事務所は相続専門の税理士法人を併設していますので、安心してご相談いただけます。税務・法務両面からお客様を全力でサポートします。大切な人を亡くした悲しみの中で、登記や税金に関する手続きは時間や費用だけでなく精神的にも辛い作業です。相続を得意としているさくら本郷司法書士事務所だからこそ、お客様が一番望まれていることにピンポイントで対応します。

相続登記をしないで放置した場合の想定トラブル

  • 不動産の売却ができない。
  • 誰が元々の所有者なのか混乱し、争いの原因となる。
  • 家の建て替えができなくなる可能性がある。
  • 全くの無権利者が所有権の一部を取得してしまうおそれがある。
  • 毎年、固定資産税の請求が故人宛にくる。
  • 火災保険の名義変更ができなくなる可能性がある。

相続登記は義務でもなければ、期限もありません。ただし、相続登記をしておかないと上記のようなトラブルになるケースがあります。不動産を相続した際には名義変更など、早めの手続きをお勧めします。

料金について

相続登記手続き 報酬 78,000円~(税別)
※戸籍関係以外はすべて当事務所で用意した場合の報酬です。
※遺産分割協議書(不動産のみ)の作成費用を含みます。
※不動産評価額により変動します。
※戸籍、その他の書類の取り寄せを依頼される場合には、別途報酬が発生します。
法務局へ
支払う印紙代
不動産の固定資産評価額×0.004
その他の費用 ・相続登記完了後の登記事項証明書の取得代行費用
・戸籍謄本の事前閲覧および周辺調査費用
・交通費、郵送費などの実費

費用例:土地1筆 建物1棟 固定資産評価額1,000万の場合

報酬 78,000円
法務局へ
支払う印紙代
40,000円(オンライン割引後)
その他の実費 約5,000円(※各種証明書の取得代行費、法務局・お客様への郵送費)

※遺産分割協議書の作成や不動産評価証明書の取得を当事務所で行った場合です。
※戸籍関係の取得のみ、お客様にご用意いただく場合の費用です。

相続登記に関するQ&Aはこちら

ページTOPへ

遺言書作成サポート

何かとデリケートな問題となりうる遺言書。お客様ご自身で作られた遺言書が無効な内容であったり、かえって親族間でもめごとに発展してしまうような内容になっていたりと、せっかく作った遺言書が無駄になることだけは避けたいものです。

お客様の意思がしっかりと伝わる遺言書、もめない遺言書の作成をお手伝いします。法的拘束力はありませんが、遺言者の気持ちを込める「付言事項」を積極的に取り入れることで、相続人間でのトラブルが生じることのない遺言書の作成をご提案しています。

 

また、相続税についてご心配のお客様でも、当事務所は相続専門の税理士法人を併設していますので、安心してご相談いただけます。さくら本郷司法書士事務所では公正証書遺言を中心に、お客様にとってより安心できる遺言書の作成をサポートします。

遺言書を作成しておいたほうが良いケース

遺言を残さないと兄弟の相続分は平等です。兄弟同士で話し合って一緒に住んでいる長男が家を継ぐことになると思っていても、死後にはご本人の意思どおりに話し合いがまとまらないことはままあります。

子供がいないご夫婦の場合、配偶者が亡くなるとその父母または祖父母にも、父母または祖父母がすでに亡くなっている場合は故人の兄弟姉妹にも相続権が発生します。

前妻の子供に残す財産や現在の妻子に残す財産を、遺留分を考慮して遺言で指定しておけば、遺産分割等での争いを避けられます。

どんなに親子のようにつきあっていても子供の配偶者は相続人ではないので、財産を相続させることはできません。同様に、介護などで長年世話になった人に感謝の気持ちを込めて財産を譲りたくても、遺言がなければ、死後に財産を譲ることはできません。

事実婚や長年一緒にいたパートナーでも、入籍していなければ相続人にはなれません。ゆえに、死後に財産を譲るには遺言が必要になります

会社を経営していたり、家族でお店を営んでいる場合、その株式や店舗を誰が受け継ぐのか遺言で指定しておかなければ、相続人間で争いに発展する可能性があります。

不動産の場合、現物での分割が難しいので、誰がどのように権利を受け継ぐのか遺言で意思を伝えておけば、無用なトラブルが避けられます。

料金について

遺言書作成サポート 報酬 150,000円~(税別)
※お見積もりは無料です。

遺言書作成に関するQ&Aはこちら

ページTOPへ

成年後見申立てサポート

 

このようなお悩みをかかえている場合に「成年後見制度」が活用できます。
さくら本郷司法書士事務所では、制度のご説明から、家庭裁判所への申立て支援、実際の運用方法までお客様の立場に立ち、わかりやすく丁寧にサポートいたします。安心してお任せください。

任意後見制度と法定後見制度

任意後見制度とは

本人に十分な判断能力があるうちに、将来のために自分を援助してくれる人(任意後見人)や、援助してくれる内容をあらかじめ契約で定めておく制度です。

本人の判断能力が低下した際、任意後見人が契約で定めた内容について家庭裁判所が選任する「任意後見監督人」の監督のもと、本人の代わりに法律行為などをすることができます。当事務所では、わかりにくい任意後見制度について何度でも丁寧にご説明します。

法定後見制度とは

本人の判断能力が不十分になった場合に、家庭裁判所の審判により後見人が選任されます。判断能力の程度によって、「後見」、「保佐」、「補助」に分けられます。

任意後見制度は、後見人を誰にするのかを本人自らが決めることができますが、法定後見制度の場合、後見人を誰にするのかは親族等が候補者を選んだ上で家庭裁判所が決めることになります。財産が高額であったり、その他事情によっては家庭裁判所が直接選任する専門職が後見人になります。

料金について

成年後見の
申立て費用
報酬 100,000円~(税別)
※お見積もりは無料です。

成年後見制度に関するQ&Aはこちら

ページTOPへ

不動産の所有権移転登記(売買、贈与等)、抵当権設定(住宅ローン等)など、不動産に関する登記手続きをすべて代行します。お見積りは無料なので、お気軽にお問合せください。

不動産を売買したとき

土地や建物などの不動産を購入したときには所有権移転登記や、ローンで購入した場合などは抵当権設定登記をする必要があります。司法書士が立会い、必要な書類を確認後、代金を決済し、所有権の移転登記と抵当権設定登記を行います。

不動産の贈与をしたとき

不動産の贈与をしたときにも所有権移転登記を行う必要があります。贈与契約書など、登記に必要な書類の作成や収集もお任せください。

抵当権等の抹消登記

住宅ローンの返済が終わった場合、不動産に設定されている担保権を抹消する登記が必要です。金融機関から送られてきた書類一式をご用意いただければ、当事務所ですべての手続きを代行します。
その他、不動産に関することなら何でもご相談ください。

料金について

抵当権抹消登記 報酬 15,000円~(税別)
※上記のほか、登録免許税(不動産1筆につき1000円)と送料がかかります。
住所変更 報酬 15,000円~(税別)
※上記のほか、登録免許税(不動産1筆につき1000円)と送料がかかります。

※お客様の本人確認のため、登記をご依頼される際に当事務所へお越しいただくことを原則としています。当事務所にお越しいただけないお客様の場合、司法書士自らがお客様のもとに伺い、または本人限定受取郵便とお電話で本人確認を行います。

抵当権抹消登記、住所変更登記のQ&Aはこちら

ページTOPへ

会社設立に関するあらゆるご相談に、法務と税務の両面から、わかりやすく、丁寧にサポートします。会社設立をお考えの方はお気軽にご相談ください。

料金について

会社設立手続き代行 報酬 90,000円~(税別)
※その他の実費は別途。

企業法務

商業・法人登記

定款の内容変更や役員変更、解散登記等、会社の法務に関することはお気軽に当事務所までご相談ください。法務と税務の両面から、わかりやすく、丁寧にサポートします。また、事業承継に関するご相談にも、税理士法人と協同してお客様をサポートします。

・有限会社を株式会社へ移行
・商号・目的の変更
・役員変更
・定款変更
・増資、減資
・解散、組織再編など

裁判所提出書類の作成

相続放棄や特別代理人の選任申立て、その他、相続に関する書類作成のみならず、各種裁判所提出書類の作成も行っています。お気軽にお問合せください。

ページTOPへ

初回面談は無料 メールのお問合せはこちら

 

pagetop